弊社で扱っているスタンダードな紙をご紹介します。選ぶ用紙によってイメージも様々に変化します。

全国どこからでも承ります!TEL / 06-6925-3154 電話受付時間 / 平日9:00〜18:00
お問い合わせはこちら→

紙袋の用紙一覧

色紙で紙袋を作るよりも、ベタ印刷で色を印刷した方が 安価で好みの色での紙袋に仕上がります。
youshi_sp

片艶晒クラフト

クラフト紙を白く漂白したものです。
晒(さらし)とは漂白のことで、完全に白に近いところまで漂白したものが晒クラフトです。片面に平滑度を高める処理がされており、薄く上品な光沢があります。
細かい印刷もよくのり、安価なので、現在最も多く紙袋に使われています。

晒クラフト

片艶晒クラフトと同じく、漂白されたクラフト紙。
こちらは、平滑処理がされていませんので、両面とも手触りがザラザラしています。
紙らしい質感を生かし、柔らかい印象に仕上げたい時に使います。
デザインによっては、和風なイメージ付けもできます。
やや耐水性に欠けますが、安価で紙袋におすすめの紙です。

youshi_11

コート紙

上質紙、中質紙の表面にコーティングを施した紙。
コーティングには白色の鉱物や顔料が使われており、ツルツルとした光沢があります。
強度や耐水性が高いので高級な紙袋に使われています。インクの発色が良く、細密な印刷も可能なので、一般的に写真表現に適しており、雑誌や写真集がお馴染みです。

youshi_13

未晒クラフト

漂白を施していない、パルプ原料そのものの色と質感を残したクラフト紙です。
紙は漂白するほど強度が下がるため、クラフト紙系の中では未晒がもっとも丈夫です。
包装紙によく使われます。ナチュラルで素朴な質感が好まれ、
様々なブランドのイメージ付けに使われています。

youshi_15

半晒クラフト

半ば漂白を施したクラフト紙です。
晒クラフトと未晒クラフトの中間的な性質です。クラフト紙よりも滑らかで明るく、直接文字を書いても書きやすく読みやすいこと、強度が高いことから、封筒によく使われています。紙袋としても安価で丈夫なのでおすすめです。

有名企業様のご利用事例

用途に合わせて以下より商品をお選び下さい

PAGE TOP