印刷の仕上げに、もう一手間加えることで、紙袋の強度も高級感もアップ。PPや箔押し、ニス引きなどの加工がおすすめ

全国どこからでも承ります!TEL / 06-6925-3154 電話受付時間 / 平日9:00〜18:00
お問い合わせはこちら→

紙袋の表面処理について

PPは強度や耐水性も上がるのでオススメです
PPは強度や耐水性も上がるのでオススメです

PP加工(グロス)

印刷の上からポリプロピレンのフィルムを貼付ける加工のこと。耐水性や強度が増し、印刷面の保護になります。紙自体に厚みと張りが出るので、紙袋に最適な加工です。特に破れに強くなるため、雑誌の表紙などに使われています。印刷面の発色が良くなることが特徴で、加工後は実際の印刷色よりやや赤みが増して見えますので、微妙な色合いを表現したい場合は校正を出すことをおすすめします。コート紙を使った紙袋の場合、折り目に割れが出る可能性がありますので、PP加工と合わせて割れを防ぐのが一般的です。

PP加工(マット)

PP加工の艶消しマットタイプです。一般的にPP加工と言うと、ギラギラとした光沢の出るグロスPPを指すことが多く、艶消しタイプの方は別にマットPPと呼びます。PPと同じく、強度や耐水性が増す特性があります。大きな違いは独特のさらりとした手触り。グロスPPのギラギラとした高級感と違ってさりげないので、上品さが好まれ、書籍のカバーなどによく使われています。光が拡散するため、やや印刷面は鈍く見えます。細密な写真表現をしたい場合はグロスタイプのPPの方が向いているでしょう。こちらも、コート紙の割れを防ぐために合わせて加工されるのが一般的です。

箔押し(ホットスタンプ)

熱と圧力をかけて、金属製の凸版で印刷面にメタリックなフィルムを圧着する方法です。特色やかけ合わせで作る金属色と比べると輝きは別格ですし、スタンプされた部分は軽くエンボスがつきますので存在感があります。箔押しのメリットは、不透明のフィルムを貼るために、紙の色に影響を受けずに綺麗な発色が得られるということです。例えば、下地の紙が黒一色でも複雑な柄物でも、箔押し部分だけくっきりと浮かび上がります。得別感のある加工ですので、特に高級感を出したいブランドの紙袋に最適です。フィルムには金銀の他、様々なメタリックカラーがあります。料金は、面積に応じて変わります。

kakou_noimage

ニス引き

印刷面に樹脂液を塗布し、紙や印刷を保護する加工です。PPが一般的になる前は、こちらの方が多く行われていました。PPよりも薄い膜、薄い光沢となるのが特徴。光沢のあるOPニス、艶消しのマットニスの二種類があります。いずれも、PPと比べると保護性は劣りますが、ニス引きの使い方としては、部分的な塗布(印刷)ができるという点です。ロゴの上だけにニスを重ねて目立たせる、といったことができるので、現在もニス引きは雑誌のロゴ、パッケージ、カードなど様々な印刷物に使われています。

有名企業様のご利用事例

用途に合わせて以下より商品をお選び下さい

PAGE TOP