全国どこからでも承ります!TEL / 06-6925-3154 電話受付時間 / 平日9:00〜18:00
お問い合わせはこちら→

短納期でオリジナル紙袋を作るために準備しておくとよいこととは

01

オリジナル紙袋を作りたいけれど、どうすればよいかわからないという方。
直近に開催されるイベントにオリジナル紙袋を作りたいと思い立ったけれど間に合うかどうかわからないという方のために初めてでも簡単に、短い納期でオリジナル紙袋を作る方法をご紹介していきます。

サンプルをベースに作る

オリジナルの紙袋を作りたいけれど全て自分でデザインするとなると自信が無くてなかなか製作に踏み切れないという場合、セミオーダーで製作するという選択肢があります。
セミオーダーは、あらかじめ決まったサイズや素材から自分の作りたいデザインに合ったものを選んでロゴやイラスト等をプリントした紙袋を作るという方法です。提示されるサイズや素材の中にはサンプルとしてデザイナーがデザインしているものが掲載されている事も多くあります。

納期で紙袋を作るにはセミオーダーで作ると早い

セミオーダーの紙袋がおすすめの理由は、デザインに自信が無い時だけではありません。納期にあまり余裕はないけれどオリジナルの紙袋を作りたいという場合も、セミオーダーならフルオーダーに比べて早く製作できるます。セミオーダーは既製の紙袋にオリジナルのロゴやイラストを印刷するというものになるため、紙の素材やサイズの選定や調整、イラスト入稿などといった工程をすべて省くことができます。そのため、短い納期での納品が可能となります。紙袋メーカーにもよりますが、早いところでは2、3日で納品される場合もあります。

また、紙袋自体を既製のものから選ぶといっても現在はサイズや色などのラインナップも豊富に取り揃えられているところも多いので、決して選択肢が狭いということはありません。セミオーダーは短い納期で製作できるだけでなく、フルオーダーより製作費用を抑えられるというメリットもあります。

WEBで入稿するとコストを下げる事ができる

紙袋はある程度の分量のオーダーが一般的です。これは紙袋の製造工程が複雑であり、少ないロットでの注文が受けられないためです。しかし、Webで対応している紙袋メーカーの中には、独自の製造工程を開発したり、空き工場を利用して制作したりと、Web展開ならではの方法で小ロットに対応しています。Web入稿での発注はロット数100から発注できるものもありますので、少ない枚数でも気軽に発注が可能です。
Webサイトでは、紙袋のデザインデータを送ることでオリジナルデザインの紙袋を制作できます。自分でデザインデータを作成するのが難しいという方は、イメージを伝えてデザイナーさんにお任せするという方法もあります。

Webでの発注となると、わからないことがあっても聞きづらいではないかと懸念されるかもしれませんが、電話やメールでの問い合わせを受け付けています。例えば、紙袋のサイズがよくわからないという場合は、梱包したい現物を紙袋メーカーに送付することで、ちょうどいいサイズの紙袋を作ることも可能です。

セミオーダー紙袋のメリット

オリジナル紙袋をセミオーダーで作成するメリットについて、いろいろご紹介してきました。既存の紙袋やデザインから選んで作成するため、納期が早く、小ロットでも安く製造してもらうことができます。どんな素材にしたいのか、中に入れたいもののサイズはどれくらいなのかを把握しておくと、セミオーダーの発注もスムーズです。既存の紙袋に会社名を入れるだけで素敵な紙袋が完成しますので、是非セミオーダー紙袋を活用してください。

用途に合わせて以下より商品をお選び下さい

PAGE TOP